ArcPyでフィーチャレイヤーに図形を描画

ポイント(点)を描画

手順

  1. ポイントタイプのフィーチャクラスを作成
    • ここでは例として、名前を「TestPoint」と設定。
    • 他はデフォルトのまま。
  2. Pythonコードを実行
    • フィーチャクラスに点データが作成される。
  3. フィーチャクラスをレイヤーとして表示
    • 点データが描画される。

コード

import arcpy

# データ挿入用のカーソルを作成する。
# 第1引数: 操作対象のデータ名。事前に作成しておいたTestPointフィーチャークラス(点タイプ)を指定。
# 第2引数: データ内のフィールド名。TestPointにはデフォルトで作成された
#           OBJECTIDとSHAPEの2つのフィールドしかない。
#           OBJECTIDは操作対象にはしない(できない?そもそもするべきではないが…)ので、
#           ここではSHAPEフィールド(のXY座標)を指定。
cursor = arcpy.da.InsertCursor(
    "D:/GIS/ArcGIS_Project/GeometryTest/GeometryTest.gdb/TestPoint",
    ["SHAPE@XY"])

# XY座標が(0, 0)な点データを挿入する。
# 引数:フィールド値のリスト。上記で[SHAPE@XY]と指定したので、それに合わせて[XY座標]というリストで与える。
cursor.insertRow([(0, 0)])

# XY座標が(1, 1)な点と(2, 2)な点も挿入する。
cursor.insertRow([(1, 1)])
cursor.insertRow([(2, 2)])

# カーソルを削除する。
# 注意:これをやらないと上記までのデータ操作が確定しないので忘れないように。
del cursor

スクリーンショット

ポイントタイプのフィーチャクラスを作成

2019-11-17-15-23-47.png
2019-11-17-15-24-30.png

Pythonコードを実行

2019-11-17-15-25-54.png

フィーチャクラスをレイヤーとして表示

2019-11-17-15-30-28.png
2019-11-17-15-28-32.png

コメントを残す