ArcGIS Pro の画面上で色調補正してからラスターをエクスポートする方法

画面上での色調補正結果を反映してラスターをエクスポートする場合

ストレッチ関数

ラスター データセットのエクスポートと変換

ラスターをインポートまたはエクスポートする他のツールと異なり、[ラスターのエクスポート] ウィンドウでは、【中略】現在のレンダリングの使用【中略】も行えます。

ArcPyではどうやればいいのか?

→ 無理そう

Export Raster with Applied Color Ramp with ArcPy

Is there a way to programatically force RGB (3 bands) in a raster with arcpy?

I got some help from an ESRI employee. Apparently there isn’t a Python method available to accomplish this, but you can export a Raster and force RGB through ArcObjects (IRasterLayerExport Interface).

モザイクデータセットを使えば出来るかも?

→ 似たようなことはできそうだけど、[ラスターのエクスポート]ウィンドウでやれることと同じにはならなさそう。

モザイクデータセット

モザイク データセット

モザイク データセットは多くのパーツから構成されています。
【中略】
テーブル内の各ラスターのカラー マッピングを定義するカラー補正テーブル (オプション)

モザイク レイヤー

モザイク データセットは、境界線、フットプリント、およびイメージの 3 つのレイヤーから構成されます。

手順

  1. モザイク データセットの作成
  2. モザイク データセットにラスターを追加 (Add Rasters To Mosaic Dataset)
  3. ピラミッドと統計情報の構築 (Build Pyramids And Statistics)
    • 統計情報が未作成の場合に、実施する必要がある。
    • これと似ている「統計情報の計算 (Calculate Statistics)」ではダメな模様。次の「モザイク データセットのカラー調整 (Color Balance Mosaic Dataset)」がエラーになる。
  4. モザイク データセットのカラー調整 (Color Balance Mosaic Dataset)
  5. モザイク データセット アイテムのエクスポート (Export Mosaic Dataset Items)

モザイク データセット内の処理済み画像のコピーを、指定のフォルダーに指定のラスター ファイル形式で保存します。
【中略】
画像は、関数チェーンのすべての処理が適用されてからエクスポートされます。アイテム レベルでの関数チェーンのみが適用されます。モザイク データセット レベルでの関数チェーンは無視されます。このツールは、未処理のソース画像をエクスポートしません。

その他

モザイク データセット プロパティの設定 (Set Mosaic Dataset Properties)

color_correction(オプション)
モザイク データセットのカラー補正を有効化します。
・NOT_APPLY —カラー補正をオフのままにします。これがデフォルトです。
・APPLY —モザイク データセットに対して設定されているカラー補正を使用します。

ArcGIS Desktop 10 のお勧め画像機能:処理編 その6

色の調整など細かい設定を行いたい場合は、以前のバージョンと同じように、[データ管理 ツール] → [ラスタ] → [ラスタ データセット] → [モザイク] または [新規ラスタにモザイク] ツールよりパラメータを設定して実行してください。

ArcGIS Pro の画像処理機能紹介 その 3 ~ ラスター関数と関数エディター ~

ラスター関数の編集 (Edit Raster Function)

タグ:

コメントを残す